前へ
次へ

虫歯の詰め物で使うプラスチック

虫歯の治療で詰め物をするときにはいろんな素材を使いますが、スタンダードなものは保険適用でも歯の色と違う分目立ってしまいがちです。保険適用外の素材を使うとかなり値段的に効果になってしまうのですが、保険適用されてなおかつ歯の色とあまり変わらない白色素材であるプラスチックもあるので、それほど心配することはありません。扱いやすいと言う利点はありますが、銀歯よりも柔らかいのでその分だけ実は磨り減りやすく、着色しやすいというちょっと気にかけておいた方が良い部分もあります。もちろん虫歯の治療には使いやすいですし、気軽に相談できるのでもしも治療後にプラスチックが何となく変な感触だと思うときには相談してみましょう。どれだけきちんと歯を磨いていても、取り切れない汚れはあるものです。早く見つけたら放置せずに早めに的確な処理を済ませておけば、それほど酷くなることはありません。歯科できちんと定期健診を受けてチェックして、詰め物などもよく見てもらいましょう。

Page Top